PowerDirector15の種類

初めてPowerDirector15を購入する方のために説明しています

まず、PowerDirector15は、動画編集ソフトと呼ばれるアプリです
また、初心者さんでも簡単で扱いやい操作方法になっています

PowerDirector15を使用すれば、自分で撮影した動画を自由に編集したり、
DVDに焼いてテレビで視聴することもできます。
DVDに焼くだけでなくブルーレイにも焼いてテレビで視聴できます

★特に初心者さんでも一連の操作でDVD作成がきるので簡単で分かりやすいです
詳しい操作方法はこのブログ内でも解説しています

※参考補足、初心者さんに簡単に語句の説明
■アプリとは
■アプリケーションソフトとは
アプリケーションを短く省略した言葉が「アプリ」です
アプリケーションソフトとは、具体的に言えば、
パソコンを使って「ワープロ、表計算、絵を描く、年賀状、メール、ゲーム」他多数あります
パソコンを使用して、活躍してくれるソフトウエア

PowerDirector15の種類(エディション)について

PowerDirector15には、種類(エディション)が4種類あります以下

■PowerDirector15 Ultra(¥12,980)
■PowerDirector15 Ultimate(¥15,980)
■PowerDirector15 Ultimate Suite(¥20,980)
■PowerDirector15 Director Suite(¥26,980)

★これらの違いは簡単に分かりやすく下記で解説していきますが、
先に、結論を言えば、動画編集がまったくの初めてであれば、
PowerDirector15 Ultimateを購入するのが最良ではないかと思います
最新バージョンは16です
かんたん快速、PowerDirector 16/360種の初心者向けテンプレート搭載バージョン

※※※参考重要補足、初心者さん必読
また今回からは、過去バージョンのPowerDirector14までには、販売されていた、
PowerDirectorのStandardは、パッケージ販売のみなったようです

この、Standard版は、公式サイトからは購入できないようです
一番安い価格で販売されていたのですが、Ultra(ウルトラ)以上の製品でないと、
使用できない機能が、あったので、初心者さんが、はじめてStandard版を購入して、

自分が思ったことが、できないと、あとから後悔するこたとがあったようです
ですので、PowerDirector15からは、そのようなことが無くなるとおもいます

※参考補足、エディション 【 edition 】とは
1つのアプリソフトでも、機能や用途、販売方法などが異なる製品が複数発売する形態です

PowerDirector15の4種類(エディション)の違いを説明

またここでは、あくまでも、初心者さん向けに説明している内容になります

■ PowerDirector15 Ultra(ウルトラ)
特徴としては、4つの中では、一番安い価格になります
また基本から応用の動画編集機能は揃っていますし、その他にも作成した動画を
DVDに焼いたり,Blu-Rayに焼いたりもできます
●購入方法には、ダウロード版とパッケージ版があります

■ PowerDirector15 Ultimate(アルティメット)
動画編集機能は、Ultra版と同じですが、特典とテンプレートの違いがあります
以下のテンプレートが付属しているのが大きな特徴です
NewBlue エッセンシャルエフェクト 6
NewBlue エッセンシャルエフェクト 7
●購入方法には、ダウロード版とパッケージ版があります

■ PowerDirector15 Ultimate Suite(アルティメット スウィート)
もちろん、動画編集機能は、同じです、
上のアルティメットにさらに追加されています以下

大きな特徴として、他2つの別製品のアプリソフトが付属します
AudioDirector 7 UltraとColorDirector 5 Ultraの2つです
さらに、新機能も追加されています
それに加えて、テンプレートもNewBlue エッセンシャルエフェクト 5がさらに追加です
●購入方法には、ダウロード版だけです

■ PowerDirector15 Director Suite(ディレクター  スウィート)
4種類の中では、最上位版になります
上のアルティメット スウィートにさらに追加されています以下
PhotoDirector 8 Ultra が追加され、AudioDirector 7 UltraとColorDirector 5 Ultraと
3つの別製品がセットになっています
また、NewBlue ペイントエフェクトのテンプレートが追加されます
●購入方法には、ダウロード版だけです

PowerDirector15の各エディションの購入方法

実際に購入する場合は、過去の画面と少しちがっていますので、
今回は説明しています下記(2017年の最新版はバージョン16です)
PowerDirector
iconのトップページが開きます

下図画面において、購入したい、エディションの文字をクリックします。各矢印
この例では、 Ultimate(アルティメット)を選択しています。赤矢印
価格表示のとこも、各エディションの文字をクリックすると変化します

※※※参考補足
過去のバージョンまでは、各エディションごとにページが作成されていましたのが、
今回から、新たにPowerDirector15のページ内で各エディションを選択するようです

pdr15_edition01

また、今なら、セール中なので、上の画面に表示されている、クーポンコードを
購入画面で、入力すると、表示通り20%も安く買えます、かなりお得だと思うます
かんたん快速、PowerDirector 16/360種の初心者向けテンプレート搭載バージョン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする